英語コーチのウラバナシ

英語コーチの仕事は、英語の先生とはちょっと違う。

英語を教えるのはもちろんですが、
生徒さんの話に耳を傾け、詰まっている課題を解決することも私たちの仕事です。

実際のところ、
英語コーチは、どんな風にカリキュラムを作って、
どんな心構えで生徒さんと向き合っているのでしょうか。

代表コーチの竹内が、英語コーチの「大事なウラの話」を語りました。
波線
竹内智則

書いた人・竹内 智則

プロフィール

1991年静岡県生まれ。
徳島県海陽町でアメリカ人の友人ができたことをきっかけに、国際交流の事業を行うようになる。 現在は東京都豊島区にて、外国人と日本人が一緒に暮らすシェアハウスを経営。 シェアハウスを中心にした観光ツアーを企画し、日本料理を一緒につくる。 自身の経験と英語の技術を体系化した英語コーチングを主催する。
波線

2018-07-12

vol.8 英語スピーキングに必要な、リスニングの力

前回の記事で、スピーキングを学ぶのが難しいのは、そこに「答え」ないからだということを書きました。

あれから、スピーキングを学ぶときに、具体的にはどこを目標にしたらいいのだろう?ということを考えて、ひとつの考えに行き着いたので、ここに書きたいと思います。
シンプルですが、スピーキングに必要な力は、この2つでしょう。

1.相手の言っていることを、100%聞き取るリスニング力

2.自分の言いたいことがスムーズな流れで言える、アウトプットする力

スピーキングというと、アウトプットばかりに注目してしまいそうですが、土台になるのはリスニングの力だと思います。

相手の言うことが分からないと会話にならないので、当然のことのようにも思えます。

けれど、
例えば「英語を話せるようになりたい」という表現には、話す = アウトプットする というニュアンスが入っていて、書店に行けば「話すためのフレーズ集」が棚を埋めている。

「これだけで、英会話ができるようになるフレーズ集 500!」みたいなキャッチフレーズ。その本を買ってフレーズを覚えても、「英語のコミュニケーション」ができるようにならない理由は、リスニングの力をおろそかにしているからだと思わざるを得ません。

英語の学習方法を調べると出てくる、『瞬間英作文』を使った、日本語 → 英語 の変換練習も、これだけで効果がでないのは、やはりリスニングのことまでカバーできていないからでしょう。

リスニングの力と並行してアウトプットの力を身につけると、英語のスピーキングができるようになってきます。

それは、「相手の言っていることは100%分かって、自分の言いたいことも100%言葉にできる」という状態です。

(つづきます。)

< 18,000円で受けられる英語コーチング >

たくさんの人に英語コーチングを受けてもらえるよう、18,000円から受けられるグループコーチングをつくりました。
お値段安くなってもクオリティはそのまま!「理論」と「実践」に基づいたコーチングカリキュラムで、あなたの英語力をまっすぐ伸ばします。 「ぼくらの英語コーチング」

シェア
英語コーチのウラバナシバックグラウンド 英語コーチのウラバナシバックグラウンド

column

その他のコラムはこちら(右にスクロールしてください)