英語コーチのウラバナシ

英語コーチの仕事は、英語の先生とはちょっと違う。

英語を教えるのはもちろんですが、
生徒さんの話に耳を傾け、詰まっている課題を解決することも私たちの仕事です。

実際のところ、
英語コーチは、どんな風にカリキュラムを作って、
どんな心構えで生徒さんと向き合っているのでしょうか。

代表コーチの竹内が、英語コーチの「大事なウラの話」を語りました。
波線
竹内智則

書いた人・竹内 智則

プロフィール

1991年静岡県生まれ。
徳島県海陽町でアメリカ人の友人ができたことをきっかけに、国際交流の事業を行うようになる。 現在は東京都豊島区にて、外国人と日本人が一緒に暮らすシェアハウスを経営。 シェアハウスを中心にした観光ツアーを企画し、日本料理を一緒につくる。 自身の経験と英語の技術を体系化した英語コーチングを主催する。
波線

2018-07-05

vol.1 英語コーチの「はじめの仕事」

どんな分野でもはじめの一歩は大切ですが、こと英語コーチングにおいては、コーチが特に気をつける部分だと思います。

いくつか理由はありますが、その一番は、生徒さんに自信をつけてもらうため。

英語コーチングを受ける方は、それまで英語の勉強というものにあまりいい思い出を持っていなくて、どちらかというとこれまで英語を避けてきた人も多いです。

そういう方が抱えているのは、「私には英語は無理かもしれない」という不安で、そういう生徒さんにコーチが一番はじめにしてあげられることが、その不安を取り除くことだと思うのです。

どう不安を取り除くかというと、1週間から2週間ほどの勉強で、目に見えるだけの結果を出させてあげることが重要です。具体的には、リスニングがいいと思います。
全く英語が聞き取れなかった状態から、2週間あれば、自分の知っている単語の中でのゆっくりな会話なら聞き取れるようになる。やり方を間違えないで指導してあげれば、ほとんど誰でも達成できると思います。

そうすると、一番驚かれるのは生徒さん本人で、「今まであれだけできなかったのに、今回はできた。私も英語が話せるようになるかもしれない。」となる。

小さな成功は、自信になり、その後の行動を大きく変えます。
コーチのアドバイスをより真剣に受け止めてくれるようになり、分からないことがあれば、自分から質問するようになる。勉強の時間も、2週間経ってから更に増える、ということも少なくありません。少し難しい課題にも向かっていきます。

いくつかの英語コーチングのホームページを覗くと、多くの会社がコーチング期間は2ヶ月を設定しています。私の意見ですが、2ヶ月という期間は、ひとつの目標を達成するには、少し長すぎると思います。
2ヶ月を、成果がなかなか見えないまま勉強を続けるというのは、健康的ではありません。必ずモチベーションが保てなくなる瞬間がやってきます。
なるべく、小さな成功を積み上げていくかたちのコーチングを行うこと。大きな目標を掲げている場合も、それをいくつかに分割して、やはり1、2週間という区切りで結果を見えるようにしてあげる、ということが非常に重要です。

最後に、小さな成功がどのように人の人生に関わっていくのかというTED Talkを。
スピーカーは、デイビッド・ケリー。 初期のMacのデザインにも関わった、クリエイティビティの塊のような人です。

< 18,000円で受けられる英語コーチング >

たくさんの人に英語コーチングを受けてもらえるよう、18,000円から受けられるグループコーチングをつくりました。
お値段安くなってもクオリティはそのまま!「理論」と「実践」に基づいたコーチングカリキュラムで、あなたの英語力をまっすぐ伸ばします。 「ぼくらの英語コーチング」

シェア
英語コーチのウラバナシバックグラウンド 英語コーチのウラバナシバックグラウンド

column

その他のコラムはこちら(右にスクロールしてください)