英語コーチのウラバナシ

英語コーチの仕事は、英語の先生とはちょっと違う。

英語を教えるのはもちろんですが、
生徒さんの話に耳を傾け、詰まっている課題を解決することも私たちの仕事です。

実際のところ、
英語コーチは、どんな風にカリキュラムを作って、
どんな心構えで生徒さんと向き合っているのでしょうか。

代表コーチの竹内が、英語コーチの「大事なウラの話」を語りました。
波線
竹内智則

書いた人・竹内 智則

プロフィール

1991年静岡県生まれ。
徳島県海陽町でアメリカ人の友人ができたことをきっかけに、国際交流の事業を行うようになる。 現在は東京都豊島区にて、外国人と日本人が一緒に暮らすシェアハウスを経営。 シェアハウスを中心にした観光ツアーを企画し、日本料理を一緒につくる。 自身の経験と英語の技術を体系化した英語コーチングを主催する。
波線

2018-07-05

vol.4 英語交換日記のススメ

英語コーチングのツールのひとつに「英語交換日記」があります。

ある生徒さんから”表現の幅を広げたい”という相談をもらって始めたのですが、これがなかなかいいので紹介します。

英語交換日記

日記はこのような形で、毎日4〜6行ほどの内容を英語でお互いに書き合います。

いくつかメリットがありますが、一番はお互いの関係づくりにとてもいいということ。
どういうことに関心があって、どういう人なのかということは、コーチングする上で結構大事なのですが、コーチングが始まった段階では、なかなかそこまで知り合う関係はつくれません。

1週間ごとの面談で、「日記読みました。こんなことがあったんですね。」という会話からスタートできると、かなりコミュニケーションもスムーズに進みます。会話の練習をするときにも、話しやすい話題を提供してあげることができるので、レッスンも生徒さんのいいところを引き出しやすくなります。

加えて、文章の作り方の傾向や、文法間違い、単語力などが分かってくるため、コーチングの計画が立てやすくなります。
これは特に文法のことになると思いますが、宿題を与えて→チェックする、というパターンだと、先生側のペースでコーチングが進んでいきます。
一方で、日記を書いてもらう→読む という流れは、常に生徒さんの現状がわかり、それに合わせたカリキュラムが立てられるので、無駄な宿題もなくなります。

大事なのは、一方的に書かせることではなくて、コーチも書くこと。覚悟を決めることだと思います。
生徒さんは、「この2ヶ月で英語を伸ばす」と覚悟を決めて取り組んでいます。それに対して、コーチも応えるというか、逃げ場をなくす。当たり前のようで、多くのコーチがやっていないことです。

教える技術も大事ですが、こういうコミュニケーションの部分でもコーチングの良し悪しは変わってくるものだと思います。

(つづきます。)

< 14,000円で受けられる英語コーチング >

たくさんの人に英語コーチングを受けてもらえるよう、14,000円から受けられるグループコーチングをつくりました。
お値段安くなってもクオリティはそのまま!「理論」と「実践」に基づいたコーチングカリキュラムで、あなたの英語力をまっすぐ伸ばします。 「ぼくらの英語コーチング」

シェア
英語コーチのウラバナシバックグラウンド 英語コーチのウラバナシバックグラウンド

column

その他のコラムはこちら(右にスクロールしてください)