英語コーチング、その裏側

2018-07-05

vol.5 英語コーチングと勉強時間

先日、某英語コーチングを展開している会社の方とお話しする機会があって、こんなことを言っていました。

「昔と違って今は、市販の教材のクオリティがとても高いから、時間さえかけることができれば、英語は上達できます。

だから、私たちコーチがやってあげることは、生徒さんが毎日勉強を続けられるよう、励ましたり環境をつくってあげることなんです。」

純粋に驚きました。
同じ「英語コーチ」でも、ここまで時間に対する意識が違うのだということ。

というのは、今まで時間が足りなかったり、長く集中が続かなかった英語をどうにかしてあげるのがコーチングだと思っていたからです。
生徒さんは、時間は取りたいけど取れない。 英語の勉強がつまらないから続かない。という悩みを抱えてコーチングを受けにくる。

それを、
「時間さえかければ上達できます。」なんて、
なんてストレートな答えなのでしょうか。
今までそれができないから、困っていたのです!

コーチは、勉強時間を少なくできる、かつ、効果がある勉強方法を取り入れるべきです。
加えて、楽しい(勉強効果が実感できる)方法だとよりいいと思います。

ひとつ例を出すと、単語の学習は単語帳でやらないほうがいいと思っています。

あれは、まず楽しくない上に、たくさん似たような言葉が出てくる段階でこんがらがってくる。
加えて、どのような文脈で使われるかが分かりにくいので、ニュアンスを間違って覚えて、後から覚え直すことになったり、そもそもどういった場面で使うのかイメージが沸かないまま頭の中にだけ入っているということになります。

単語帳は、会話の中でもよく出てくる中学単語、高校単語くらいまでを覚えるのには悪くないです。会話のなかで実際の使われ方を補完できるので。けれど、それ以上のレベルになって、ほとんど使わないような言葉をひたすら覚えていくというのは、苦痛でしかありません。

「vulnerability – [名] 弱み どこで使うんだろうな。。」
なんて、
少なくとも、私は絶対にやりたくない(笑)

ちょっとこれは極端な例かもしれないけれど(私が単純に単語帳嫌いなだけ?)
こんな、自分がやりたくもないことを「時間をかければ上達できます。」なんて言って生徒さんに指示を出す。 それを「英語コーチング」と呼ぶのは、ちょっと違うなと感じたのです。

それは単語だけじゃなくて、文法も。
文法書もたくさん出ているけど、例えば有名な『Grammar in Use マーフィーのケンブリッジ英文法』とかは、英語の世界の全体像を把握するのには適していません。
(形容詞とか、副詞とか、そういった品詞の使い分けが書かれていないからです。一つ一つの単語の使い方を細かく掘り下げるのには適しています。)

文法書は、本選びと一冊の中でも読む順序を指示してあげたほうが、読み手が「今何を理解しようとしているのかが分かる」し、取り組む時間も圧倒的に短くできます。
知識を整理して読み進めていけるので。

文法なら例えばそういう感じ。
コーチングというのは、そういうものだと思います。

もちろん、ある程度学習時間が必要なのは、分かります。
けれど1日1時間くらい時間が取れれば、あとは、学習の技術で解決してあげるコーチでありたい。
そのために、我々は参考書を何冊も読み比べて、その良し悪しと向き不向きを考えます。
動画や音声教材もストックしている。

こちらが時間を使って、生徒さんの時間を節約するのがあるべき英語コーチングだと思います。

(つづきます。)

Urban Meetup Tokyoでは、オンラインでも受けられる英語の無料カウンセリングを行っています。
英語の学習を再開したいけれど、どこから手をつけようか決めかねている方。英語コーチと実際に話すことで、今まで一人で悩んでいたことの多くがすっきりすると思います。
カウンセリングは無料。カレンダーから都合のいい時間を選ぶだけの簡単予約です。ぜひご利用ください。
英語コーチング無料カウンセリング

【書いた人】

竹内 智則 プロフィール

竹内 智則
Urban Meetup Tokyo 代表

2015年、徳島県の田舎町に住んでいた頃、隣にアメリカ人が引っ越してきたことをきっかけに、英語の会話の必要にせまられる。覚えていた中学英語を必死に使いながら勉強も開始。話せるようになるにつれ、外国人との生活や向こうの文化が楽しくなっていく。
2017年、人生二度目の上京、豊島区は雑司が谷にて、日本人と外国人が一緒に住むシェアハウスをつくり、自身も一緒に住む。週に1、2度 シェアハウスを中心にした観光ツアーを企画。雑司が谷の街を案内し、日本料理を一緒につくる。
「外国人と交わる方が、人生面白い。」非日常ではなく、生活レベルで文化が混ざり合う瞬間をもっと増やしたい。

英語コーチング、その裏側バックグラウンド 英語コーチング、その裏側バックグラウンド

column

その他のコラムはこちら(右にスクロールしてください)