英語コーチのウラバナシ

英語コーチの仕事は、英語の先生とはちょっと違う。

英語を教えるのはもちろんですが、
生徒さんの話に耳を傾け、詰まっている課題を解決することも私たちの仕事です。

実際のところ、
英語コーチは、どんな風にカリキュラムを作って、
どんな心構えで生徒さんと向き合っているのでしょうか。

代表コーチの竹内が、英語コーチの「大事なウラの話」を語りました。
波線
竹内智則

書いた人・竹内 智則

プロフィール

1991年静岡県生まれ。
徳島県海陽町でアメリカ人の友人ができたことをきっかけに、国際交流の事業を行うようになる。 現在は東京都豊島区にて、外国人と日本人が一緒に暮らすシェアハウスを経営。 シェアハウスを中心にした観光ツアーを企画し、日本料理を一緒につくる。 自身の経験と英語の技術を体系化した英語コーチングを主催する。
波線

2018-07-19

vol.12 コーチ自身の勉強時間

コーチ自身が英語の勉強を続けること。
これはかなり重要なことだと思います。

ひとつは、英語の力をキープしたり伸ばしたりする意味もあります。
けど、それ以上に私が勉強をしていていいなと思うのは、生徒さんの勉強時間の作り方に対する質問に正面から答えられることです。

普段働いている社会人にとって、勉強時間をつくるというのはとても大変なことだと思います。
朝少し早く起きて、勉強時間を確保する人もいる。仕事終わりの飲み会を断っている人もいる。

そのため「どのくらい勉強したらいいですか?」というのは、コーチの立場になると、何度も答えることになる質問です。そして、もし自分が勉強をしていないと、そういう時に一般論で答えてしまいます。

つまり、
「1日最低でも2時間はやってください。できれば3時間。通勤の電車や、朝の時間を有効に活用して..」
なんてことを言ってしまう。

誰だってそれができたら苦労はしないわけです!

そんなことは、AIだって言うことができる。
けれど、自分が勉強をやっていれば、勉強時間を確保する大変さがわかります。
私は、1日3時間なんて、口が裂けても言えません。

1時間より2時間の方がいい。2時間より3時間の方がいい。そんなことは誰でも分かります。
つまり、時間確保のおすすめなんて、コーチがするべきではないと思う。
それよりも、どうやったら効率よく勉強できるかということを、コーチが自分の経験談から話すべきです。

文法は、どうやったら効率よく学べるのか。
単語はどうやったら忘れずにストックしておけるのか。
どうやったら勉強が楽しくなって、自然と勉強時間も確保できるのか。

勉強をしているコーチなら、そういうことを言えるはず。
一般論の勉強時間ではなく、コーチが伝えるべきは自分の経験を基にした具体的なアドバイスです。


もう一つ、
コーチ自身が勉強をしていると、窮地でも自信を持って意見を言えるようになります。

指導者なら分かると思います。生徒さんにアドバイスをするというのは、なかなか責任を感じること。
特にイヤなのは、学習を続けてもなかなか結果が出ないときです。

生徒さんは「コーチの言ったとおりに勉強を進めてきたけど、なかなか結果が出ない」と気付きはじめています。
コーチも、気まずい雰囲気を感じます。

けれど、どんなに結果が出なくても、我々には責任があります。今は結果が出ないかもしれないけれど、次の学習でその壁を乗り越えられるようにアドバイスをしなくてはいけません。

そういうときに、自分が勉強をしていないコーチの言うことは、どうしても弱くなります。
自分が勉強していないのだから当然ですが、細かい部分で説明は大ざっぱになる。自分が経験したことのないことだから、やっぱり発言に責任が持てません。

根性論ではないけれど、コーチ自身が勉強を続けているという事実が、その状況を救ってくれることは多いです。(これは、私自身が悩みながらコーチングを行ってきた実感でもあります)

勉強をしているからこそ伝わる何かは、絶対にあります。


勉強をやっているかやっていないか。それは、コーチのスタンスの話です。
けれど、私がもし生徒なら、きちんと学習を続けているコーチの下で学びたいと思います。

もしあなたが英語コーチングの体験を受けるなら、「コーチ自身は一日にどのくらい勉強していますか?」と聞いてみてください。

< 18,000円で受けられる英語コーチング >

たくさんの人に英語コーチングを受けてもらえるよう、18,000円から受けられるグループコーチングをつくりました。
お値段安くなってもクオリティはそのまま!「理論」と「実践」に基づいたコーチングカリキュラムで、あなたの英語力をまっすぐ伸ばします。 「ぼくらの英語コーチング」

シェア
英語コーチのウラバナシバックグラウンド 英語コーチのウラバナシバックグラウンド

column

その他のコラムはこちら(右にスクロールしてください)