英語コーチング、その裏側

2018-07-06

vol.6 英語スピーキングの目標 その1

英語のリスニングが、目標を立てやすく、その達成度を確認しやすいのに対して、スピーキングは目標を立てるのも、達成を確認するのも難しいなと感じます。

リスニングの目標は、例えば、日常会話が聞こえるようになりたいとか、映画が聞こえるようになりたいというもの。
そして、練習を重ねた結果、「あ、70%くらい聞こえるようになった」「ほぼほぼ聞こえるようになった」という感覚を持てるようになってきたあたりがゴールでしょう。
やっている本人が、「聞こえる」という実感を持てるので、目標の達成も非常にクリアにわかります。「できた。」と。

一方でスピーキングは、まず目標を立てるところから難しい。
例えば、日常会話ができるようになりたい、という目標は一見分かりやすいようで、どこを目指すのか明確ではありません。

スピーキング上達のステップを、言葉にするとしたらこのようになるでしょうか。

・ブロークンでもいいから単語を並べて、意味が伝わってコミニュケーションが取れる
  ↓

・中学程度の文法をほぼ間違いなしに扱って、シンプルな表現に終始する
  ↓

・高校以上の少し複雑な文法とボキャブラリを混ぜ、表現の幅を広げる
  ↓

・ボキャブラリの幅、文法の幅ともに、小説や映画で出てくるようなレベルになる

「正しい英語が使えているか?」という観点だけで見れば、2段階目の中学英語で、十分正しいわけです。

それは、
What do you like?
I like to play soccer.
That’s awesome!

このような会話になります。ただ、このレベルだと、学ぶ側としてはあまり達成感がない。張り合いが出ないでしょう。
けれど、目標が「日常会話ができるようになりたい」というものであれば達成しているわけで、それは、会話の2つの条件を満たしているからです。

・相手に意図が伝わっている。
・正しい文法、単語、慣用句が使えている。

スピーキングの難しさは、表現というもの特有の、どこまでいっても終わりがないことによるものだと思います。
リスニングには、正確に聞き取れているかどうかという「答え」がある。一方で、スピーキングには、そういうものがないんですね。

(つづきます。)

Urban Meetup Tokyoでは、オンラインでも受けられる英語の無料カウンセリングを行っています。
英語の学習を再開したいけれど、どこから手をつけようか決めかねている方。英語コーチと実際に話すことで、今まで一人で悩んでいたことの多くがすっきりすると思います。
カウンセリングは無料。カレンダーから都合のいい時間を選ぶだけの簡単予約です。ぜひご利用ください。
英語コーチング無料カウンセリング

【書いた人】

竹内 智則 プロフィール

竹内 智則
Urban Meetup Tokyo 代表

2015年、徳島県の田舎町に住んでいた頃、隣にアメリカ人が引っ越してきたことをきっかけに、英語の会話の必要にせまられる。覚えていた中学英語を必死に使いながら勉強も開始。話せるようになるにつれ、外国人との生活や向こうの文化が楽しくなっていく。
2017年、人生二度目の上京、豊島区は雑司が谷にて、日本人と外国人が一緒に住むシェアハウスをつくり、自身も一緒に住む。週に1、2度 シェアハウスを中心にした観光ツアーを企画。雑司が谷の街を案内し、日本料理を一緒につくる。
「外国人と交わる方が、人生面白い。」非日常ではなく、生活レベルで文化が混ざり合う瞬間をもっと増やしたい。

英語コーチング、その裏側バックグラウンド 英語コーチング、その裏側バックグラウンド

column

その他のコラムはこちら(右にスクロールしてください)