Urban Meetup Tokyo

WPM測定ツール

英語のリスニング速度を簡単測定!
測定スタート
再生時間

使用例

・普段聞いている英語のYouTubeが、どのくらいのスピードなのか知りたい
・WPM140のリスニング教材を探したい

使い方

英語のスピーチやYouTubeなどが、どのくらいの速度で話されているのかを数値で確認できます。

測定したい音声(英語のスピーチ、YouTubeなど)を再生した状態で、「測定スタート」を押してください。

パソコンのマイクから音声を読み込みます。周りが静かな環境で行ってください。

(動作確認済みブラウザ:Chrome および Firefox)


WPMとは?

WPMとは "Words Per Minute" の頭文字をとったもので、一分間当たりに聞き取る(もしくは読むことができる)単語数のことです。

リスニングやリーディング時のスピードを計測する目安として扱われています。

WPMの目安

日本人の平均WPMが80 ~ 100前後なのに対して、英語ネイティブの平均WPMは200 ~ 250と言われています。

つまり、ネイティブは一分間に200 ~ 250単語を聞き取れるということです。

リスニングの学習を行う際は、日本人としては180WPMが1つの目標となります。
英語の日常会話のスピードが160 ~ 200WPMなので、180WPMは、日常会話や英語のニュースが聞き取れるだけのリスニング力にあたります。

主なリスニング教材とWPM一覧

以下、WPMを計る上で目安となる教材のスピードをまとめました。

対象 WPM
日本人の平均値 80 ~ 100
英語ネイティブの平均値 200 ~ 250
シャドーイング入門用教材『Basic2400』 90 ~ 145
TOEICテスト リスニングパート 160 ~ 180
海外の子供向けアニメ『スポンジ・ボブ』 150 ~ 170
英語ニュース『BBC NEWS』 160 ~ 180
英語の日常会話 160 ~ 200
英語のスピーチ 170 ~ 210
ディズニー映画『リトル・マーメイド』 160 ~ 180
一般向け映画『The Intern』 180 ~ 210
SHARE Twitterでシェア Facebookでシェア はてなブックマークでシェア