高橋秀和、TOEIC990点への挑戦

高橋秀和さん(通称:タカさん)は、TOEIC980点所持者です。

990点満点のTOEICテスト。実は900点以上取れば世間では十分認められる点数で、ほとんどの英語スクールで講師を務めたり、外国人が多い職場でも優先的に雇ってもらえます。

そんな中、タカさんは990点満点を取るために挑戦中。
本人は「この10点に意味はないよ」と言うけれど、意味はなくても、そこには努力と工夫の毎日があるわけで..
その様子を紹介してもらおうと、この企画が立ち上がりました。

試験で点を取るというのは、どういうことか。そこには、やるべきことを淡々とやる、ひとりの努力家の姿がありました。

連載中もTOEICのテストは進行中。
果たしてタカさんは、990点満点が取れるのでしょうか?頑張れ!タカさん!

11月 TOEICテスト感想 & 10月結果 〜全問正解しなくても〜

2017-11-21

「どげんかせんといかん。」

今回は、11月のTOEICテストを受けてきた感想と10月のテスト結果を。

10月に比べると手応えがありませんでした。
「なくはない。」と言っていた10月のテストの結果は975点(´・ω・`)

10月のテストよりできなかった感触がはっきりとあるので、今回も満点は逃しただろうと。残すは12月のテスト一回のみ。

「どげんかせんといかん。」

980点を取った時はあと少しと感じた満点への距離が今はずいぶんと長く感じられます。

– 全問正解しなくても –

ほぼ同時に、10月のテスト結果も返ってきました。

リスニング

リーディング

リーディングもリスニングも、見ていただくと分かると思いますが、100パーセントになっていない項目があります。
けれど、リスニングは満点だったのです。

実は、以前からリスニングは満点を3回連続で取っていて、そのたびに何問か落としています。
これはつまり、全問正解しなくても満点は取れるということ、です!

TOEICの満点が1000点でなく、990点であることに「なんでだろう」と思ったことはありませんか?

これは僕の説なのですが、
 1.10点はおまけで、細かい部分が多少抜け落ちていても満点を取らせてくれる(人間だもの)
 2.「満点を取っても英語の学習に終わりはない、それでも1000点を目指して勉強しなさい!」というTOEICからのメッセージ
なのだと思います。


12月のテストまで3週間しかありませんが、今回の課題を生かして2017年最後のテストに臨みたいと思います。
それではまた試験会場でお会いしましょう!!


< 無料体験のご案内 >

英語コーチから話が聞ける体験レッスンを、一回のみ、無料で行っています。 英語の学習を再開したいけれど、どこから手をつけようか決めかねている方。英語コーチと実際に話すことで、今まで一人で悩んでいたことの多くがすっきりすると思います。
もちろんTOEICの対策を具体的に聞くことも可能。無理な勧誘もしていません。
英語の学習にヒントが欲しい方、ぜひご利用ください。 英語コーチング無料カウンセリング

シェア

column

その他のコラムはこちら(右にスクロールしてください)