本当にいい英語スクールって、どんなだろう?


僕が英語の指導をするようになってから、1年が経ちました。自分が今まで行ってきた勉強法や、実際に外国人と話して大切だなと思ったことを伝えるカリキュラム。
もちろん人にもよるけれど、多くの方から満足してもらえたと声をもらっています。

そんな中でふと「他の英語スクールはどんなことをやっているのだろう?」と思い立ったのです。

"大手のスクールは、これまで何万人もの生徒を世の中に輩出している。それは、どんな教育方針で、どのくらいの情熱を持って行われているのだろう。"

そんなことを頭の中にもやもやさせながら、実際にスクールを訪ねていって考えてみたいと思います。
本当にいい英語教育とは、どんなものなのでしょうか?


4.本当にいいスクールって、どんなだろう?

2018-02-01

値段のこと

Urban Meetup Tokyoの活動の土台には、「どんな人にも外国人と関わる機会を持って欲しい」という想いがあります。


普段行なっているランゲージエクスチェンジ

だから、いい英語スクールの条件はまず、値段がそこまで高くないことです。

さまざまなスクールの料金を安いものから並べてみました。
(各スクール、メインのコースの一ヶ月あたりの料金)

・NativeCamp(オンライン英会話)5,500円
・DMM英会話(オンライン英会話)5,500円
・NOVA(グループレッスン)10,000円
・NOVA(マンツーマンコース)20,000円
・GABA(マンツーマン英会話)57,000円
・TRAIZ(パーソナルコーチ)105,000円
・RAIZAP(パーソナルコーチ)160,000円
・24/7 English(パーソナルコーチ)170,000円

ひと月5,000円くらいの手軽なものから、ひと月15万円のものまで、改めて英語スクールの裾野は大きく広がっていると思わされます。


生徒さんの層も、明確に分かれています。

月々5,000円から5万円くらいのスクールは、学生をはじめ、多くの一般の方向け。

それが月10万円を越えると、一般の人が気軽に申し込めない、”仕事”の領域になってきます。
それは「仕事で使うから、きちんとお金を払って英語を勉強する。かけたお金は仕事を通じて回収する」という動機付けが成り立つレベルです。
これらのスクールを受けている方の中には、勤め先から補助をもらって受講している方も少なくないでしょう。

一方で私たちが目指すのは、誰でも受講できて、きちんと価値を感じてもらえるスクールです。

今回いくつか訪問させてもらって、月々2万円から5万円までのスクールの教え方が、古くなってきているのを感じました。(オリジナル教材を読み聞かせるタイプのマンツーマンレッスン)
このくらいの値段で、もっと意味のある教育を提供するスクールが必要。
私たちが、そうなるべきだと感じました。

期間のこと

連載中に、GABA(期間を定めないスクール)とTRAIZ(期間を定めているスクール)を訪問させてもらいました。


GABA


TRAIZ

それで、
講師とスタッフの方の雰囲気も、学習に対する姿勢も、紹介される教材の内容も、
どれを取ってもTRAIZの方が良かったんですね。

料金もTRAIZの方が高かったりしますが、
私からしたら半年40万円も60万円も、大して変わらない気がしますw

この違いは明らかに、期間を区切っているかどうかの違いから生まれていると感じました。

期間を区切るから、目標を達成するために全力になる。
期間を区切らないから、目標も日々の勉強も曖昧になる。道理です。

そして、そういう集中力を続けさせてあげるための、
学習の相談だったり、おすすめ書籍の紹介だったり、生徒が前を向いていられる環境づくりがスクール側の仕事だなと思わされました。

“英語で世界を学ぶスクール”、始まります。

http://urbanmeetup.tokyo/tabisuru

さて、今回いくつかのスクールを訪問させてもらって、もう一つ感じたことが、

「英語しか教えていない」

というものでした。

英語スクールなのですから、英語しか教えていないのは当然なのかもしれませんが、
私は、海外の文化と触れるために英語を学んでいる、と思っています。

多くの優れた文章や映画、スピーチなどは、英語圏から発信されています。
私たちが「英語を学びたい」と思うのは、こうした優れたものが向こうの世界にたくさんあるからでもあると思います。

だから、英語しか学ばないのは少しおかしなことで、英語と一緒に世界のことも学ぶスクールがあってもいいだろうと思ったわけです。

英語でしか読めない優れたエッセイ、優れたスピーチがあります。
名作と呼ばれる映画には決まって、名セリフがあります。

そういったものを題材に取り上げながら、使われている英語も学習していく。
英語を学ぶ意味を同時に味わえるような、そんなカリキュラムを用意しています。

もちろん、今回いいスクールの条件に取り上げた、「リーズナブルな金額で」「短い期間で集中する」スクールになる予定です。

ただいま、2018年3月1日のスタートに向けて準備中。

こちらのページで詳細も見ることができます。
http://urbanmeetup.tokyo/tabisuru

乞うご期待ください!


Urban Meetup Tokyoがやっている英語コーチ

あなたの英語コーチ|二人三脚。英語の基礎を、一緒につくる。

Urban Meetup Tokyoの英語コーチは、「続けられること」を大切に。
二人三脚でサポートするコーチがいるから、英語の勉強を絶対に諦めさせません。2ヵ月しっかり頑張れば、英語がもっと身近なものになりますよ!

あなたの英語コーチのページへ