全部使ってみました!|あなたにぴったりの、英語勉強法の見つけ方。 プロフィール

2.おすすめYoutubeと映画編

2017-10-14

今回紹介する勉強法

  • バイリンガール
  • Listn.me
  • 塔の上のラプンツェル(他ディズニー映画)
  • Friends
  • Shutter Island

Yさんは、Youtubeが好きな生徒でした。
レッスンの間もついついケータイに手が伸びてしまう、実はと言えば”困った”生徒。

それで、決めました。
文法なんか教えるのをやめて、一緒にYouTubeを見よう、と。
すると、家で見ていたYoutubeチャンネルも、少しずつ英語のチャンネルを見るようになっていきました。
Netflixで映画も見るように勧めると、それも段々見るようになっていって。

それから、僕たちのレッスンはYさんが見てきたYoutubeと映画で、分からなかった部分を解説するという形になりました。
まだ3ヶ月ですが、Yさんは僕の生徒の中で、誰よりも”洋画のセリフ”に詳しい人になった。

映画には、気の利いたセリフや参考になる文法が詰まっています。
Youtubeにも、英語を勉強する上でとてもいいチャンネルがあります。

どちらも共通しているところは、実践力が鍛えられること。
出てくる会話は、外国の人が普通に会話をするスピードです。スタンダードな英語だけでなく、なまりもあります。
それは、僕たちが実際に外国人と会話をするときに近いシチュエーションで、テストの点数よりも外国の文化とか外国人と話すことに興味のある人には、ほんとうにぴったりな勉強法だなと思います。


おすすめYoutubeその1

バイリンガール

Youtube

僕の英語友達はみんな知っている、人気の英語学習Youtubeチャンネル。
Chikaさんという、アメリカ生まれのネイティヴが日本人の目線で英語を解説してくれます。
全動画数は630を越えていて、学習できるコンテンツ量もかなりのボリュームです。(2017.10.14現在)

1回ずつ完結しているので動画は単独で見ても大丈夫なのですが、回を追って見ていくと、Chikaさんの「英語人生」が少しずつ垣間見れて、そのこともこちらをお勧めさせてもらっている理由。
英語で話すChikaさんの友人が一緒に出演したり、ニューヨークのエステに行って店員と会話をしたり。
「英語ができると、こうやって世界中に知り合いが増えていくんだ!」と見ているこちらをやる気にさせてくれる、素晴らしいチャンネルです。


おすすめYoutubeその2

Listn.me

Youtube

リスニングに慣れることを目的として作られている動画。普段使いの様々なフレーズを学ぶことができます。
このチャンネルが嬉しいのは、初級向けから上級向けまでの会話がカテゴリーごとに分かれていること。スクリプトもあって、後述するシャドーウィングやディクテーションにはうってつけのYouTubeです。


おすすめ映画その1

塔の上のラプンツェル(他ディズニー映画)

Amazon

さて、映画に移ります。
洋画や全部英語のYoutubeは60%〜80%くらい理解できるものをおすすめします。
もちろん個人差はありますが、もし半分以上言っていることがわからなければ、聞いていて面白くなくなってしまうというのが、理由の一つ。自分が理解できない40%〜20%の部分をリピートしながら潰していくのが、上達のコツだと思います。

ラプンツェルを始め、ディズニー映画をお勧めするのは、その言葉を使うシーンがわかりやすいこと。大人向けの映画だと、表現にアレンジが効きすぎていて英語ネイティヴでも理解できない!ということもあるのですが、ディズニー映画は、すべての表現を学んで損なしの内容だと思います。


おすすめ映画その2

Friends

Amazon

アメリカのコメディードラマ。僕は10シリーズ全部見ました。全部で約50時間。
一つ一つ意味のわからないところを潰していってみたので、相当な力がつきました。
英語の発音もクリアで、日常で使われる表現がたくさん覚えられます。
英語のジョークが言えるようになることも、実際の会話の場面で活きてくるはずです!


おすすめ映画その3

Shutter Island

Amazon

最後は個人的なものですが、『Shutter Island』。
レオナルド・ディカプリオ主演の映画です。僕は、彼の作品はほとんど見ました。

YouTubeでレオナルドが出ている映画のカットシーンを見たり、インタビューを聞いたりして
レオナルドの細かな声のくせや、顔の動かし方まで真似をしました。そうすることで単なる英語力だけでない、表現力のようなものも同時に身についたと思います。

そんな僕がおすすめするレオナルド出演映画の中の一番のおすすめ、Shatter Island。
先の読めないダイナミックな展開に心を奪われます。
英語学習も忘れないように!


Youtube と 洋画の勉強の仕方について

英語のYouTubeや洋画は見るだけでも勉強になりますが、より効果的に身につけるために、僕がおすすめする勉強法は主に3つ。

方法1:シャドーウィング

スピーカーの声と少し遅らせてから声をかぶせて発音します。
スピーカーの声や表情まで真似ることで、英語のイントネーションや表現の仕方、が向上します。

方法2:ディクテーション

聞き取った言葉を全部書き出します。聞き取れるまで何度も聞いてください。
聞き取れなかった言葉が聞き取れるようになります。細部まで聞き取れるようになるためにはa,theの違いやsなど、細かく注意することが大切です。
何回か流しても聞き取れなかったら、字幕を見て確認。間違えたところ、聞き取れなかったところは何度も聞けるまで繰り返してください。シャドーウィングをするのもいい方法です。

方法3:好きな俳優を見つける

たくさんのYoutubeや洋画を見るのもいいですが、聞き流してしまうよりは、好きな俳優を1人見つけてその人を全力でモノマネしたり、好きな映画のセリフをひたすら練習したりするほうが、上達は早くなります。
前述しましたが、僕の場合はこれがレオナルド・ディカプリオだった。僕には何人か英語のコーチがいますが、彼もその一人と言って過言ではないと思います。

(つづきます。)


Urban Meetup Tokyoがやっている英語コーチ

あなたの英語コーチ|二人三脚。英語の基礎を、一緒につくる。

Urban Meetup Tokyoの英語コーチは、「続けられること」を大切に。
二人三脚でサポートするコーチがいるから、英語の勉強を絶対に諦めさせません。2ヵ月しっかり頑張れば、英語がもっと身近なものになりますよ!

あなたの英語コーチのページへ